縄文オカリナ

古代の遺物を日頃製作している私は、20年ほど前に自分用として縄文時代の亀が岡式土偶からとった雲形文様のオカリナを製作しました。

その後、販売してほしいとの要望により、受注生産を始め現在に至っております。

一つ一つ手作りのオカリナで、石磨きの仕上げは縄文時代の土偶や土器となんら変わらない制作方法です。

製作に当たって留意していることは、なるべく自然の中に存在する音に近い音色のオカリナを作りたいということです。

つまり、自然の中で演奏しても違和感がなく、自然の中に入っていける そんなオカリナです。

ですから、私のオカリナは自然の中で演奏することをお勧めします。


オカリナの写真のページへ


ホームへ戻る